レンタル彼女PREMIUM

 

アイドル彼女・姉ドル彼女・聞き上手彼女・デート練習

キャスト一覧 デート申し込み

週刊少年マガジン『彼女、お借りします』

『彼女、お借りします』とは

イラスト

週刊少年マガジン(講談社)にて、大好評連載中の漫画です。

作者の宮島礼吏先生は『AKB49〜恋愛禁止条例〜』『-江戸忍稼業- もののて』の連載で人気を博し、今回も大ヒットが期待されています。

『彼女、お借りします』に登場するダイアモンドというお店は、レンタル彼女PREMIUMがモデルになっています。

 

リアルを追求するため、宮島先生と編集さんがレンタル彼女とのデートを体験して、漫画に活かしてくれています。

    

第1巻表紙

たった一度の“レンタル”で、輝き出す“リアル”がある。

  

都内在住のダメダメ大学生、木ノ下和也(20)。

ある日、『ダイアモンド』というアプリで知ったレンタル彼女、水原千鶴を指名します。

  

一度きりのデートのはずが、けれども、千鶴のかわいらしさに、『どうせレンタルでしか会えない関係』なんだと長年のモテないコンプレックスが刺激され、彼女として一生懸命ふるまう千鶴に、「虚しくならない?」「他人でしょ」「どーせ一日だけのつきあい」「すぐ別れるんだから」と、レンタルしている本人のくせに、『レンタル彼女にひとこと言ってやったぞ!』と説教をはじめます。

  

傷ついてシュンとなるかと思いきや、予想に反して千鶴は営業妨害だと正論で返してきて――。

私たちも読んでいます!

  • 水城咲

    <水城咲>

    『彼女、お借りします』の見どころはたくさんありますが、わたしが一番感じたのはヒロインの千鶴ちゃんがとにかく可愛いところです!
    単行本一巻の帯に書かれている、職業は『理想の彼女』というのに納得の千鶴ちゃん。
    いろんな表情やしぐさに、ページをめくるたびにキュンキュンしたりドキッとしたり、心臓が忙しいです(笑)
    デートのたびに変わる服装はどれも女の子らしくて可愛いので、私も参考にしています♪
    千鶴ちゃんはレンタル彼女と大学生、二つの顔をもっていますが、わたしもレンタル彼女のお仕事をしながらケーキ屋さんで働いていた時期があったので、「千鶴ちゃん頑張れー!」と応援しながらこの作品を読んでいます。
    ちょっぴりダメダメだけど憎めない主人公・和也君と、しっかりもので可愛いヒロイン・千鶴ちゃんのラブコメディ、すごくオススメです!

  • 大森碧

    <大森碧>

    最初の1話からすでに面白い『カノカリ』!!
    ヒロインの千鶴ちゃんは可愛いのに、男勝りなカッコよさがある!って私は思います。
    ダメな時にはダメだとしっかり言って、でもきちんと人の心は大切にしている…。可愛いだけじゃなくて、そんな千鶴ちゃんのカッコいい面にも憧れちゃいます。
    それから、所々で笑える場面が多いのも『カノカリ』の見どころです!
    特に好きなのは、満足度4(第4話?)の157と158ページ!
    和也くん(主人公)の友人A(木部くん)と友人B(栗林くん) の「ハテ…?」という表情!ついついクスッと笑ってしまう場面です。
    あと、一押しのキャラクターはおばあちゃん(*^_^*)笑
    千鶴ちゃんのことを「千鶴姫」って呼んでいるところが可愛い!!とにかくたくさん見どころがあるので、ぜひ読んでみてくださいね♪

  • 宮地琴乃

    <宮地琴乃>

    遂に1巻発売、待ってました!
    レンタル彼女とお客さまという関係、会っているときの甘い時間と引き戻されるビターな現実など今までにないちょっぴり大人のラブコメディです。
    主人公和也のダメっぷりにヤキモキしながら、千鶴ちゃんのプロフェッショナルぶりに感動しながら、マミちゃんの小悪魔っぷりにこんな女の子いるいる!って共感しながら、たくさんの感情を引き出されて、ドキドキしながら読みました。
    個人的に和也のおばあちゃんがかっこよくて好きです♡
    王道なようで一筋縄ではいかないラブコメ、今後の展開に目が離せません♡

  • 中村千花

    <中村千花>

    「こんな仕事虚しくならない?」と、彼女をレンタル中に説教――。
    これは、主人公の木ノ下和也が、レンタル彼女として活動する水原千鶴を指名した時に取った行動です。
    ドキッとするようなダメダメ発言ですが、失恋のショックからの八つ当たりだと思うと、誰しもがこういったネガティブな感情を持つこともあるんじゃないでしょうか。
    むしろ、人として最低な姿を見せてしまった相手とその後も縁を持てるなら、繋がった絆は固いものになりそうです。
    1巻のラストは、またしても和也の最低な言動に千鶴はその場を飛び出して――というところで終わりますが、このまま千鶴が黙っているわけがない。
    この後の展開が気になります!

TOPへ戻る