レンタル彼女PREMIUM

 

デート練習・恋活・婚活教習所

タレント一覧 デート申し込み タレント動画

デートテクニックを身につけよう

手をつなぐ!肩を組む!デートで上手にスキンシップをとるコツ
彼女とデートをする時には、スキンシップを自然にとることが大事です。不自然に手をつないだりすれば、相手が困惑する可能性があるのです。たとえ緊張していたとしても、さり気なさを装って、スムーズにスキンシップをとるよう心掛けましょう。

■断りを入れると嫌がる女性は多い
彼女とのデート中、手をつないだり腕を組みたいと思う瞬間があるでしょう。そんな時は、何の断りもなくスキンシップをとるのが好ましいです。なぜかというと、いちいち断りを入れられるのが嫌だという女性は意外に多いから。
「手をつないでもいい?」とか、「腕を組んでいい?」といった言葉は必要ありません。デートをしている時点で、相手は自分に好意を持っていると自信を持ちましょう。わざわざ断りを入れることで、彼女が男らしさを感じなくなる可能性があります。
強引過ぎるスキンシップはNGですが、断りを入れるのであれば、「手をつなごうか」や「腕を組んで歩こうか」と誘う形が好ましいです。人前でスキンシップをとりたくないという女性も中にはいるので、気遣いがあるところを見せるのであれば問題はないでしょう。

■スキンシップはタイミングを見計らって
彼女と手をつないで歩きたい時、どうすれば嫌らしくないスキンシップになるのでしょうか。最大の敵は?躊躇(ちゅうちょ)すること?です。何度もチャレンジして諦めると、彼女の方でも気付いてしまい、じれったくなってしまいます。
迷わず手をつなぐ、肩を抱く、腕を組むことを心掛けましょう。タイミングさえ間違えなければ、相手は嫌がったりしません。
待ち合わせた時に、彼女がカバンや荷物を持っていたら、「重そうだから持ってあげる」と言ってみましょう。荷物を受け取った時にさり気なく手をつないで歩き出せば、嫌らしさはなくなります。
ショッピングモールや交差点など、混雑している場所でもチャンスはあります。「迷子になるよ」と一声かけて手を引いてあげれば、不自然さはありません。むしろリードしてくれる男性だと、安心してもらうことができるでしょう。
車通りが激しい道を歩いている時もスキンシップがとれるチャンスです。さり気なく道路側に立つようにし、「危ないよ」と彼女を支えてあげればよいでしょう。背中に手を回して車を避けてあげたり、自分の腕につかまらせてあげましょう。

« 前のページへ戻る

TOPへ戻る